WEB STUDiO blog:カラフル

colorful

北と本州のカルチャーショック

のーきー

2018/09/18

Private

はじめまして!

「頭の中ハッピーセットorお花畑」

とよく言われる、のーきーです。

 

職種としては「エージェント」。

(レンジャー初のエージェントです、編集長ありがとうございます)

 

北海道生まれ北海道育ちで、

20183月から東京に降り立ちました。

東京に来てから半年が経とうとしています。

 

ということで、

東京に来てから苦労したことが多々・・・

 

今回は自己紹介がてら、その一部をご紹介します。

 

立ち上がるタイミング

 

高校卒業後に東京へ行った友人からよく聞かされていたのが

「朝の通勤ラッシュがわや」

(訳:朝の通勤ラッシュがひどい)

ということです。

散々聞かされていたので、

実際経験したときには感動すら覚えました。

身動きが取れない車内で

 

「これが通勤ラッシュ・・・!

まるで、フェスのよう・・・!」

 

と、道産子ポジティブシンキング炸裂。

 

それよりも通勤中、衝撃を受けたのが・・・

地下鉄やJRに乗っていて、降りる駅に着いた際

立ち上がるタイミングが早い!!

 

ということです。

北海道では比較的、駅に止まって扉が開いた後に

立ち上がるひとが多いです。

東京では駅に止まる前の減速し始めた頃に

立ち上がるひとが多いと気がつきました。

停車時間の違いなのかもしれません。

 

いつものタイミングで立ち上がると浮いてしまうので、

今では気持ち早めに立ち上がることを意識しています。

 

 

梅雨がある

 

北海道って、梅雨がないんです。

 

湿度がもともと低いので、

「梅雨の時期はジメジメするよ」

「1週間くらいは太陽が隠れてるよ」

「布団にカビが生えるよ」

などと言われて、

「ジメジメってなんだ?!」

 

「太陽隠れすぎでは?!」

 

「布団にカビ?!どうして?!」

 

と、とにかく怯えていました。

タンスの中やクローゼットの中にもカビが生えるという

衝撃的な噂を聞き、

カビ予防グッズ万全にして挑んだ2018年。

 

今年の梅雨は1ヶ月ほどしかなかったそうで、

関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは

初めてのことだったそうです。

 

今年は生き残れましたが、

来年がまた思いやられます。

 

 

 

北と本州

 

ほかにも有名なところでいうと、

北海道にはゴキブリがいないだとか

虫関係だと色々カルチャーショックがありますね。

こないだも見たことのない水色の蝶々が飛んでいて、

ここは南国か?

と思いました。

 

そして何より、

夏が長い。

 

夏服が足りない。

 

 

ほかにもまだまだ衝撃を受けたことは出てきますが、

キリがないのでここで終わりにします。

 

海を挟んだ大陸ということで、

ここまでカルチャーショックがあると、

言葉が通じる異国だと思っています。

みなさんが当たり前だと思っていることも

実は「当たり前」じゃないかもしれません。

 

私はこれからも文化の違いを楽しみつつ仕事に励みます!

 

近々仕事についても更新できればと思ってますので

よろしくお願いします。

 

 

エージェント職/新卒1年目/毎日の変化を楽しみたい派です

Recommend Postおすすめ記事

TOPへ