WEB STUDiO blog:カラフル

colorful

【7割は成功!】38年かかって完成させた異性を振り向かせる3つのメソッド

加藤 寛之

2018/02/09

Private

あっ、タイトルにつられてクリックしましたね?でも、その選択、正解です。これ、タイトルに偽り無しです。このメソッドは本当に効果があります。自分自身でも、他の人でも実証済です。しかも、男性から女性、女性から男性、どちらにも効果があります。このメソッドを10~20代のうちに知っておけば、もっと違う人生だったなと思うと、後悔で眠れなくなります。ホントに。。。

なんでそんな情報を公開するかというとですね。広告のボディコピーやエッセイの世界には、「読者のベネフィットはできるだけ早く出せ」というセオリーがありまして。読者は必ずしも最後まで読んでくれるわけではないので、とりあえず早めに読み手のテンションを上げさせないとダメなんですね。ハリウッド映画が、まず序盤にアクションシーンを少し入れるのと同じロジックですね。

このブログ、colorfulを読んでくれる人も、同じですよね。だから、いきなり大ネタからいきます。

少し前に恋愛工学という言葉が流行りましたが、ご存知でしょうか?人間の感情が形成されていくまでの構成を工学的に分析して、相手の心理をデザインしていくというようなことですが、僕が皆さんにお伝えするのは、それと似て非なるものです。相手の感情をデザインしていくという点では同じですが、気にしていることを指摘されるとつい無視できないというような、人間が共通して持っている本質的な習性と、恋愛という独特な状態が持つロマンチシズムや非現実性を掛け合わせるという点が、巷の恋愛工学とは違います。

 

さて、このメソッドを利用する前に、皆さんに守って欲しいことがいくつかあります。

 

【好きでもない人に使わないこと】

これは説明するまでもないですが。。。

 

【結果を急がないこと】

失恋の原因の半分くらいは、急ぎすぎです。

 

【1~3の順番を必ず守ること】

1の前に2、2の前に3などのスキップはもちろん、並行して行なわないこと。

さあ、それでは読み進めてください。

 

Phase1:相手との小さな約束を必ず守る。

まずはその人との間で発生する小さな約束を、すべて守ってください。仕事のことも、プライベートのことも全てです。他愛のない会話の中でしたものも、LINEやメッセンジャーでしたものも、全てです。

○○時に連絡する。

週末に○○を観る。

今夜は○○を食べる。

○○までに資料を送る。

こういう約束って、破っても問題ないものは意識せずに破ったりしてませんか?信用の対象というのは2つあり、1つは抽象的な概念、もう1つは具体的な行動です。ビジネスに例えると、前者は会社の規模やネームバリュー、後者は営業マンの対応というようなものです。ネームバリューはすぐに上がりませんが、行動はすぐに変えることができますよね。ほとんどの人は、そこまでストイックにできません。だからチャンスがあります。守れない約束は一切せず、約束したことは必ず守る。まず、その人にとって信頼に足る人になってください。

Phase2:相手に小さな共感を足していく。

大小含めて、50個以上は約束を守ったらPhase2に移りましょう。この時点で、相手の中に「信頼に足る人であるアナタ」が形成されているはずです。次はここに共通の体験を足していきます。

面白いと言われた本は必ず読む。

美味しいと言われたお店は必ず行く。

便利と言われたツールは必ず試す。

良いと言われた曲は必ず聴く。

それらを全てチェックして、嘘でもいいので相手と同じ感想を持ってください。その上で、自分の感じたことは意見として相手に伝えてください。感覚を共有するためです。それが面倒くさくてできないのであれば、アナタはおそらく相手の中身に興味がないのでしょう。そのタイミングで、このメソッドは終了です。その状態にいる人が使っても、このメソッドは効果がありません。別のアプローチ方法に切り替えることをオススメします。

あと、ひとつ注意点を。この段階で食事に行くチャンスがあった場合、Webの情報にあるデートに使える店とかレビューサイトで点数が高い店とか、そういう基準で選ばないでください。魅力的な人というのは、だいたい良い雰囲気の店に行き慣れています。オシャレではないお店でいいので、「とにかく何か一品がめちゃくちゃ美味しい店」に行きましょう。いまの2人にとって必要なのは、「良い感じの雰囲気」よりも「共感」です。その共感が大きければ大きいほどいいんです。「それなりに整ってそつなくまとまっている」よりも、「破綻していても何かが突き抜けている」ことの方が共感しやすく、記憶に残ります。

Phase3:相手に◯◯を与える。

Phase1と同じく、50個以上の共感を作ったら、Phase3に移りましょう。これはイケる!と思っていたのに玉砕した人のほとんどが、おそらくこのPhase3にあてはまる行為を実行しないまま相手に気持ちを伝えているはずです。Phase1~Phase3を、順番を守って繰り返し反復することで、相手の中に恋愛対象となるアナタが形成されていくのですが・・・。

 

To Be Continued・・・。

 

 

プロデューサー・プランナー・コピーライター・Colorfulの編集長・レンジャーの隊長・トリックスター/2014年入社/いつだって場外乱闘でがんばります。

Recommend Postおすすめ記事

TOPへ